Category: Baccarat

Baccarat

超簡単!10分でわかるバカラの遊び方 !

バカラのルールは、初心者でも非常にわかりやすく簡単に説明することが出来ます。『バンカー(Banker)」と「プレイヤー(Player)』という実態のない2人が勝負をして、どちらが勝つかを予想する』 ただそれだけです!! 基本的には予想した方が勝つか負けるかもしくは引き分けか!? この3パターン以外はないのです。しかも例えばプレーヤーにかけたと結果引き分けの場合でも、掛け金は戻ってきます。 バカラをプレイしようとした場合、まずネックになってくるのは『(バカラは)「BANKER・PLAYER」という架空の人物による勝負』であるという事を理解できるかという点です。しかしながらバカラの「BANKER」と「PLAYER」には力の差は無く、どちらが勝つかはほぼ50%の確率であると言える為、バカラはプレイヤーの運の強さが試されるゲームであると言えます。 基本的には予想した方が勝つか負けるかもしくは引き分けか!? この3パターン以外はないのです。しかも例えばプレーヤーにかけたと結果引き分けの場合でも、掛け金は戻ってきます。 バカラをプレイしようとした場合、まずネックになってくるのは『(バカラは)「BANKER・PLAYER」という架空の人物による勝負』であるという事を理解できるかという点です。しかしながらバカラの「BANKER」と「PLAYER」には力の差は無く、どちらが勝つかはほぼ50%の確率であると言える為、バカラはプレイヤーの運の強さが試されるゲームであると言えます。☆バカラの基本ルール バカラポーカーの基本的なルールは以下の通りです。 ☆「BANKER(バンカー)」「PLAYER(プレーヤー)」と呼ばれる架空の2人が勝負を行う☆カードの合計の下一桁が9に近い方が勝ちとなる(9が最強) ☆プレイヤーは勝つと予想する方か引き分け(タイ)ベットする☆「BANKER(バンカー)」「PLAYER(プレーヤー)」双方共に配られるカードは最大3枚まで ☆BANKERにベットして勝利した場合のみ、ハウスエッジが徴収される(基本5%) ★バカラのカードの数え方 バカラにおけるカードの数え方は Aは1 2~9はそのまま 絵札(10、J、Q、K)は0として数えます。 バカラは下一桁の数値による勝負なので、※10以上のカードは「0」と認識するとより理解しやすくなります。 上の図で見てみるとプレイヤーは8、10、Jが置かれています。10とJは0とカウント8はそのままなので結果は8。バンカーはKと7が置かれています。 Kは0としてカウント、7はそのままなので結果は7。よってプレイヤー8バンカー7でプレイヤーの勝ち。100ドルプレイヤーにベットした場合は合計200ドルとして勝ち金がもらえます。バンカーにかけてた場合はハウスエッジを必ず差し引かれるので100ドルベットした場合は190ドルとして帰ってきます。 ゲームの進め方 上の図のような何も配られていない状態の時にベット時間制限までに勝つと思う方にベットする。引き分けだと思う場合は、上の方のTIEと言うのが引き分けなのでそこでも良い(仮に引き分けにかけてあたった場合は掛け金の8倍となって帰ってきます。 プレーヤー、バンカーに2枚ずつカードが配られる。 バンカーとプレイヤーにカードが2枚配られ、その2枚の合計の数字次第で3枚目のカードを引くかどうかが決まります。※注意 バカラの場合、カードをヒット(追加)するかどうかは、ディーラーや客の意志に関係なくルールに従って行われます カードの追加はまずプレイヤーから行われ、その結果次第でバンカーが追加するかが決まります。 PLAYER(プレイヤー) 0~5の場合 3枚目のカードを引く 6,7の場合 3枚目のカードは引かない 8,9の場合 ○BANKERも8 or 9の場合:そのまま勝負 ○BANKERが8・9以外の場合:自動的に勝ち(BANKERはカードを引くことができない) BANKER(バンカー) 0~2の場合 3枚目のカードを引く 3の場合...