Category: Blackjack

Blackjack

カジノ経営側が最も恐れるブラックジャックの技ブラックジャックのカウンティングをご存じですか?

ダスティン・ホフマンがアカデミー主演男優賞を受賞した映画『レインマン』で、このブラックジャックのカードカウンティングが出てきます。ダスティン・ホフマン演じる兄レイモンドの人並み外れた記憶力に気付いた弟のチャーリー(トム・クルーズ)は、ラスベガスのカジノへ行き、このカードカウンティングを行ってブラックジャックで荒稼ぎするのです。その後、兄弟はカードカウンティングがカジノ側にバレて追い出されるのですが、実際のカジノでもディーラー側が最も恐れる必勝法として禁じ手にされています。 実はこのカードカウンティングは、並外れた記憶力がない人でも応用することが可能です。また、実際のカジノではなく、監視の目がないオンライン・カジノなどでは充分使える方法なのです。 というわけで今回は、ブラックジャックの究極の必勝法・カードカウンティングを実践的に解説していきます。 1.カードカウンティングとは? ブラックジャックは、配られたカードの数字の合計が高いプレーヤーが勝つゲームです。出目は21になるほど強く、それ以上の数を引くとバーストになります。次に配られるカードの出目が予測できれば、有利になるゲームがブラックジャックです。 紙にメモしたり、指で数えたりすれば誰でもこのカードカウンティングをすることができますが、実際のゲームでは時間の制限があり、プレイヤーは数字を記憶するしか方法がありません。勘でしか次のカードを予想できないプレイヤーに比べ、少しでも次のカードを予測することができれば、勝率はグンと上がります。 カードカウンティングが出てくるもうひとつの映画に『ラスベガスをぶっつぶせ!』という作品があります。カードカウンティングをマスターした学生グループが5億円もの金を荒稼ぎした映画で、実話が元になっています。天才的な記憶力を持たずとも、訓練次第で次に引くカードを予測することができるのです。 すべてのカードを記憶せずとも、有利な状況を常に作るべくカードカウンティングを行う簡単な方法があり、誰でもできるカードを数える練習方法をご紹介します。 2.カードカウンティングの方法 実践的なカードカウンティングでは、すべてのカードを完全に憶えるのではなく、次に出るカードの種類を予測して勝つ確率を高める、というものです。...

Blackjack

ブラックジャックの基本ルールをマスタしよう!

ブラックジャックとは? 世界中で人気のあるブラックジャックの基本ルール! カードの合計値を21に近づける カードの合計値が21を超えたら負けプレイヤーとディーラーの対戦を繰り返すゲームとなるため、ゲームスピードも速く、ストレスフリーでどんどんゲームを楽しむことが出来ます。単純にディーラーを倒すという目的のゲームです! 2:ブラックジャックのゲーム説明 ブラックジャックで遊んでみたいけど、一体どんなルールなんだろう?そんな質問をギャンブル仲間からよく受けます。有名なブラックジャックではありますが、正式なルールを正確に知っている人は少ないです。ブラックジャックはカジノゲームの中でも、最も稼ぎやすいゲームとも言われています。 ブラックジャックのルール ブラックジャックで使用するカードは、ジョーカーを除く52枚のトランプです。配られたカード(ハンドと言う)の合計点数が21点、もしくは21点により近づいた方が勝ちとなるゲームです。対戦は、ディーラーとプレイヤーで、ディーラーよりも21に近づければ勝利となります。逆に、ハンドの合計が22を超えてしまうと「バースト」になってしまい、その時点で負けが確定してしまいます。このルールはディーラーにも共通です! ブラックジャックのゲームの流れ 1...